IFD注文

FXの注文方法のひとつに「IFD注文」があります。
IFD→「IF」(もしそうなれば)「DONE」(実行する)の頭文字です。

「IFD(イフダン)注文」とは、同時に2つの指値注文を設定する方法です。
1つ目の注文が成立したあとに、2つ目の注文が実行されます。
連続注文とも言われます。
買って売るという1つの取引を一度にできるということになります。
2つ目の注文は1つ目の注文が成立しなければ、注文されません。

為替レートがよくなっていけば、設定した値でリミットオーダーが働きます。
自動的に売り取引が成立します。
為替レートが悪くなっていけば、設定した値でストップオーダーが働きます。
自動的に売り取引が成立するというわけです。

例えば、現在1ドル100円だとします。
1つ目の注文として、95円になったら買います。
2つ目の注文として、105円になったら売ります。
と設定した場合、為替レートがその通りにいったら、10円の利益が得られます。

あるいは、1つ目の注文の95円にはなったけれども、2つ目の105円にはならず99円に下がった場合。
どんどん下がって損失が増えてしまうといけません。
その場合は、手動で自ら売り注文をださなければなりません。

IFDは短期間で利益をだしたいとき、ある程度為替レートのトレンドがよめるとき。
日中仕事があるので取引ができない方。
このようなときに便利な注文方法です。

IFDでは1つの注文で、1通りの注文決済しかできません。
ですから常に為替レートをチェックしておくことが重要です。
FXに慣れるまでは、これ以上損失をださないようにする。
リスク管理の方法として活用するのがいいでしょう。

FXには多くの注文方法があります。
それだけ戦略方法が多くあるということになります。
うまく活用すればFXが運用しやすくなると思います。