FX注文方法

FXの注文方法には幾つかの方法があります。闇雲に売り、買いを繰り返しても損をするばかりです。このホームページではFXの賢い注文方法を紹介します。

逆指値注文

「逆指値注文」とは、現在の為替レートよりも、自分にとってよくない時使うものです。
この以上は損失を出したくないという時に使います。
損失をできるだけ最小限に抑えたいという人向けの注文方法です。

逆指値注文とは指値注文とは逆の注文です。
現在のレートよりも高くなったら買い、逆に安くなったら売る。
このように指値を設定するのです。
下降トレンドになりそうなとき、損失がでそうなので早めに売るというものです。

例えば、現在のレートが1ドル100円の場合。
このまま105円くらいまでは上昇するだろうと自分で予想します。
しかしながら、為替レートは自分の思い通りに動くとは限らないです。
逆に95円に落ち込んでしまったとします。その場合5円の損失です。
しかし、事前に損失を3円までに押さえると指値をしておけば、損失は3円で抑えられるのです。

このように確実に損失の拡大を抑えられることが逆指値注文のメリットです。
また現在ある程度利益がでたので、取引を確定させたい。
というときにも便利な機能です。

FXでは大きな負けをださないことも重要なことです。
この逆指値注文をうまく利用して、リスク管理をしましょう。

逆指値注文のもう一つの機能として、為替差益を得るということがあります。
相場が上昇していったとき、さらにまだ上昇すると考えたとします。
逆に下降傾向のときに、さらに下降し続けると考えたとします。
このようなときにも活用できるのです。

例えば、現在のレートが1ドル100円の場合。
113円で逆指値注文を入れる。その後実際には115円まであがったとします。
この場合2円の為替差益が発生することになるのです。
相場が大きく動きそうなときに、活用すると便利です。